望む結果や理想を現実にするためには、パフォーマンスを上げる必要があります。

 

しかし、毎日忙しいし、やることもたくさんあるし、疲れちゃって、かろうじて絶対やらなきゃいけないことだけはやっている・・・・・

 

やらなきゃいけないこともできない・・・・・・

 

すると脳も疲れちゃって

結局やりたいこともなくなっていって・・・・・・・・

 

一体どうやったら脳のパフォーマンスは上がるのでしょう?

 

そこで

脳が一番効率よく働くのは?

 

 

あなたは知っていますか?

脳を一番効率よく働かせる方法

 

 

その方法とは

リラックス状態です。

 

 

情報は毎日たくさん入ってきます。

入ってくる情報を整理したり、何が必要で何が不必要なのかなど、情報を歪曲せずに理解して整理をするには

 

リラックス状態を作る方が、脳は良い働きをしてくれると言われています。

 

しかし、どうして見たもの、聞いたものを上手く整理できないのか?

 

どうしてやらなきゃいけないことができなかったり、疲れて気力がなくなったりしてしまうのか?

 

 

その原因は

『緊張』にあると言われています。

 

 

その理由は

交感神経系が優位な状態が『緊張』で、

副交換神経が優位にある状態が『リラックス状態』と言われているんです。

 

これは、思考だけではなく、体を動かす時もリラックス状態にある時の方が、パフォーマンスの質を高めると言われているんです。

 

 

ただここで残念なお知らせがあります。

 

それは『自立神経は自分でコントロールできない』と言われているんです。

 

 

自立神経?ってどんなもの?って人もいるかも知れませんので少しだけ説明すると

自立神経は交感神経副交換神経に分けられているんです。

 

一般的には交換神経と副交換神経のバランスが良い状態が望ましいとされています。

要は、緊張とリラックスをバランスよく使い分けることが大切なんですね。

 

 

自立神経はコントロールできないと言われていても

紐解いて行けば、自分でも多少はコントロールできると思いませんか?

 

 

要は『メリハリをつける』

これは意識してできそうですよね!

 

 

なので、リラックス状態だけをすっと継続するのはマイナスを生み出してしまう可能性が高くなってしまうんです。

 

例えば、やりたいことが見つかっても行動ができない

など

 

紐解いて行くと

何が原因で行動ができないのか?

 

どうしてやる気がでないのかなどが、どんどん分かって行きそうですよね!

 

 

 

思考について知っていると、

意外と簡単に自分を望ましい自分に変えることができたりもします。

 

 

知れば知るほど面白い!

自分を知ればあっという間に幸せがやってくる?

 

その入口が『認知』にあるとしたら

あなたはその扉を開けてみたいですか?

 

10月10日23:59分で

お申込みの受付を終了します!!

”パーソナル心理学オンライン養成講座”

個別説明&相談は