スティンザーの三原則とは、敵対者は正面に座る傾向が強く、あなたの味方になってくれる人は横に座ることが多く、あなたの斜めに座る人は意見の衝突が起こりにくいと言われています。

 

スティンザーの三原則

スティンザー効果とは

主に会議などで役に立つものです。

この神学的効果はアメリカの心理学者スティンザーがまとめたものです。

 

 

1・あなたの正面に座る人

反対意見を持つ人や敵対者は正面に座る確率が高くなります。

これは、視線を合わせて話すことを強制されている意識が働くと、対立や敵対しやすくなる傾向があります。

 

2・あなたの隣に座る人

見方になってくれる傾向が高い人です。

これは、視線を自由に出来る隣同士だと仲間意識が働きやすくなります。

 

3・あなたの斜めに座る人

斜めに座ると緊張は軽減します。

緊張しない敵対心を持ちにくく対立する確率も低いと言うものです。

 

 

使い方

会議編

 

セールス販売などをされている方が、スッと横にやってきて話しかけてくるケースは多くあります。

これは、正面から声を変えられた相手がハッキリ断りやすくなるのを防いでいるんですね。

 

複数人で会議をする場合では、自分の意見と相反する意見を持つ人を予め正面に座らせないようにしておくことも効果的です。

あなたの意見に賛成している人がいれば事前に打ち合わせをしておき、自分の正面に座ってもらい、反対者が入る余地がないくらい、正面に座った賛成者と意見を賛成し合う事が効果的です。

 

ショッピング編

 

洋服を買いに行くと店員さんが寄ってきてちょっとうっとおしいなんて感じたことがある人もいそうです。

店員さんが『スティンザー効果』のことや心理学の知識がある場合には、横からスーッと話しかけてきます。

これも正面から商品を進められるとお客様は断りたくなるからです。『人には防衛すると言う反応が無意識に起こることがあります』

 

 

恋愛編

 

恋人と食事に行ったりするとき、関係が深まるまでの間は位置関係にも気を使う必要があります。

この時もテーブル席に腰を掛ける時には斜めに座る方が対立は少なくなります。

行き成りソファー席は気まずい雰囲気になることもありますし、案内された席が2名しか座れないテーブル席の場合もあります。

初めてのデートや、関係が浅い場合には予めお店の状況を把握してご予約された方が失敗は減りそうです。