早く結果を出したい!!

すぐに成功したい!!

誰だってすぐに結果が出たほうがいいですよね?

 

私も20代前半で起業をして経営が
上手くいかなかった時に

セールスのお仕事をしていたんですが、

物を売ることが出来ずに苦しんでいたところに、

さらに従業員を上手く動かすことができず、

ダブルで苦しんでいた時がありました。

 

 

そんな時にある人から心理学の本を渡されて
これを読んで勉強すれば!って言われた時のことです。

 

 

 

 

手渡された本を読んだ後に書店に行き
さらに別の心理学の本を探しました。

 

経営が上手くいかないことで、さらに
ネガティブ思考など、負のループにも
陥っていたので、自己啓発などの本も
ペラペラと立ち読みをしてみました。

 

そこであることに気がついたんです。

 

 

たくさんの本を早く読めれば
早く成果が出るのではないか?

そこで、『速読』の本を
ペラペラと立ち読みをしていた時

 

 

さらにあることに気づいたんです。

 

 

これ・・・・
早く読めても覚えていられなかったら
無意味では・・・・・

 

 

そこで私は
『記憶術』のコーナーへ

ペラペラと立ち読みをして行った時!!

 

 

もっとも肝心なことに気が付くわけです。

 

 

 

そもそもどうして覚えられないの?
どうすれば覚えていられるの?

 

そして辿り着いたのが
『脳の仕組み』です。

 

 

 

なんせ、従業員に給料を

払わなければならない

仕入れ先に支払い

固定費や流動費など

 

とにかく潰れるわけにはいかない
早く売上を作らなければ・・・・

 

必死でした

 

どうしても最短で結果(売上)を出す
必要があったんです。

 

 

そこで今日は『記憶のお話し』をします。

 

記憶には大きく分けて2種類の記憶が
あるのはご存知ですか?

 

◆手続き記憶

◆陳述記憶

です。

 

 

そしてさらに『陳述記憶』は
2種類に分けられます。

 

◆出来事記憶

◆意味記憶

 

 

実は、1.5ヶ月前ぐらいから
どうすれば相手の記憶に
残せる話ができるんでしょうか?

こんな相談を数名の方から受けました。

 

 

物事には『目的』があります。

 

◆記憶に残す

◆共感してもらう

◆理解してもらう

◆納得してもらう

 

よく考えてみるとこれって目的?

気になる方は
↓ ↓ ↓
ちょっとこちらを